色々感想を書いて置いておく場所

おっさんが色々感想を書く場所

ゴジラvsコング

メモ:ルフィが太陽で、黒ひげがブラックホールか……完結まで、あと10年かかっちゃうんじゃなかろうか(白目)

 

ゴジラvsコング 2021

監督:アダム・ウィンガード

主演:アレクサンダー・スカルスガルド

ミリー・ボビー・ブラウン

レベッカ・ホール

ブライアン・タイラー・ヘンリー

カイル・チャンドラー

ランス・レディック

ジュリアン・デニソン デッドプール2のあのガキ!

小栗旬 

 

ストーリー

聴覚障害の少女と交流するコング

(色々あって)そんなコングに喧嘩を売ろうとするゴジラ

地球最大のヤンキーバトルが今始まる!!←的確な表現

 

 感想・バレ無し

:ええっとですね、個人的には100点の映画です。

モンスターバースというシリーズのとりあえずの完結編として、ぎゅうぎゅうに設定を押し込めてはいるものの、納得できるレベルでまとまったていたように思いますな。

まあ、欲を言えば、今作は前後編にするべきだったと思うんだけども、今の状況や興行収入から考えるとかなりの博打になっちゃうだろうからねえ。まあ、これで良かったんだと思う。

とはいえ、今作は最低でもモンスターバース三作、できたらキングコング対ゴジラ、可能ならばゴジラ映画全作見ていただけると、うほほっ♪とニヤニヤできるものと思われます。

 

以下ネタバレ感想

そしてさらに下の方に極ネタバレ感想

続きを読む

アーミー・オブ・ザ・デッド

メモ:秋ぐらいから新しい企画をやろうと考えております。また現在某賞に送ろうと小説書いております。ですので更新頻度が落ちます。

新しい企画は、形にならない可能性もありますんで、詳細はイケるとなったら発表しますw

 

アーミー・オブ・ザ・デッド 2021

監督:ザック・スナイダー

主演:デイヴ・バウティスタ

 エラ・パーネル

ギャレット・ディラハント

真田広之

ノラ・アルネゼデール

 

ストーリー

私たち、結婚しました~ってな浮かれたバカップルが一路ラスヴェガスを目指し車をぶっ飛ばしておりました。超ハッピーな花嫁さんは、ぬふふと笑いながら運転する旦那さんにエッチなナニを開始! 旦那さん、オウ! オオウ! とか喘いでいるうちに車線をはみ出してしまいましたとさ。

ってなわけで、二人の車は

軍の輸送部隊に正面衝突!

大爆発炎上!!

積み荷のコンテナごろ~ん!!!

慌てる軍人たちは本部に連絡するも、戻ってきた指令は

はよ、逃げろ!!!

コンテナから跳び出してきた男は、弾丸を避けながら軍人たちを皆殺しにする!

ところが死んだ軍人たちはしばらくすると起き上がった。

一団の目の前には煌めくラスヴェガス

かくしてラスヴェガスは死人の群れによって蹂躙され、多大な犠牲を払いつつも国はラスヴェガスを隔離する

そして時は流れ

今ではすっかり落ちぶれたが、ヴェガスで大勢の人を救ったバウティスタに一つの話が持ちかけられる。

ヴェガスのカジノの地下にある金庫、そこにある金を盗み出してくれないか?

かくしてバウティスタ率いる寄せ集め軍団は、96時間後に核弾頭が落ちるヴェガスに

潜入するのであった。

しかし――

 

感想:バレ無し

:いや、どう扱ったらよいものやら……ともかくバランスが悪いのよ。

B級映画の発想で大金をぶっ込んだ映画ってのは嫌いじゃないけども、監督がザックなんで良い意味でも悪い意味でも、ものすげぇ鼻につくのよ。

脚本も『いざ本番!』となったら『えーっと、どうしよう』ってな感じでもたもたしだすしね、メイキング見るとジャンルミックスについて浮き浮きに語ってたけども

またいだジャンルの芯の部分を全部忘れてんじゃねーの?

ってな感じです。

結論として言えば、いつものザックの

それっぽいだろ?

っていう手法が駄目な方で煮詰まった点が多い映画なんじゃないでしょうかね。

とはいえ、OPが私的に100点満点なんですよ。

だから終わってみれば、60点台後半の映画なんですな。

あとは走るゾンビについての問題点が極限まで行ってる映画でもあると思う。

そういう意味で一度は見ても良いんじゃ――とは軽々しく言えないほどになげーんだよなあ……148分は長すぎだろ。

それでも舌っ足らずなんだから連続ドラマでやれよ……。

 

以下完全ネタバレ(OP含む)感想

気になってる人はOPだけでも観て!

続きを読む

透明人間 2020

メモ:昼夜の気温差が酷いことになってきた。まだ夜は寒くて走れない。

 

透明人間 2020

監督:リー・ワネル

主演:エリザベス・モス

オルディス・ホッジ

オリヴァー・ジャクソン=コーエン

 

ストーリー

:夜半、エリザベス・モスはベッドから起き上がった。

ゆっくりと腰に回された夫の手を振りほどくと、秘かに準備していた荷を掴み家を出ようとする。

そこに飼い犬のゼウスがやってくる。

モスさんは「連れていけないの……でも、この首輪だけは――」

ゼウスの電気首輪を取り外す

だが、車のアラームが鳴り出してしまう。

モスさんはダッシュで敷地を抜け出し、待ち合わせをしていた妹の車に転がり込んだ!

事情が分からずブツブツとこぼす妹。だが、そこに一服盛ったのに目を覚ましたオリヴァーさん演じる夫のエイドリアンが襲撃してくる!

素手で車の窓ガラスをぶち破るオリヴァー=エイドリアン!

動転する妹は車を発進させ、モスさんは安堵のため息を漏らす。

だが、束縛され続けた彼女は常に夫の影に怯えて生活することになった。

やがて彼女の周囲で……

 

感想・バレ無し

:一応ウェルズが原作で、1933版をリブートという謳い文句ではあるのだけれども

まったく違う話です

いや、ここまで違うならば影響を受けた~とか言っときゃ良いんじゃねえかな?

んで、中身っすけどね、面白いんだけども、このタイトルでやることかなあってのが正直な感想です。

うーん、正直中盤までかなり退屈で、ちょっとムカついてました。

なんかピントがずれてねえ? って。

で、見せ場のつもりだろうけども、私的には

なんだこの演出、バッカじゃねえの

ってとこが一ヶ所あったりしてですね、中盤以降盛り上がってくれてホッと胸を撫で下ろした次第です。

ラスト付近は良かったかな。

iroirokannsou.hatenablog.com

iroirokannsou.hatenablog.com

iroirokannsou.hatenablog.com

 

以下ネタバレ感想

続きを読む

透明人間 1992

メモ:暑いのに長袖が脱げない!(ビクンビクン)

 

透明人間 1992

 

監督:ジョン・カーペンター

主演:チェビー・チェイス

ダリル・ハンナ

サム・ニール

 

ストーリー

:モニターに囲まれた部屋でカメラがまわっている。

誰もいないはずの椅子が動き、男の声が聞こえ始めた。

「僕の名前はニック・ハロウェイ。僕は透明人間だ。これが見えるかな?」

空中に浮き、咀嚼されたガムがゴミ箱へ捨てられる。

「さて、時間もないし話をしよう。何故こうなったかというと――」

透明人間の告白が、今始まる!

 

感想・バレ無し

:生まれて初めて見た透明人間映画にしてファンであるジョン・カーペンター作品の中では異色であるロマコメSF。スターマンとかあのあたりですなあ。

ぶっちゃけ面白さとしては中の上って所なんだけども、やっぱり生まれて初めて見た透明人間ってのが効いてて、好きな映画でありますな。

原作はウェルズではなく、H・F・セイントの「透明人間の告白」。

故に、数多の透明人間作品とは視点がちょっと違うのね。

だから、できれば1933年版辺りを見てから鑑賞すると、ニヤッとできるんじゃないでしょうかね。

 

iroirokannsou.hatenablog.com

iroirokannsou.hatenablog.com

iroirokannsou.hatenablog.com

以下ネタバレ感想

続きを読む

透明人間 1933

メモ:スマホの調子が悪い……のは今に始まった事じゃあないんだけどもなあ。

 

透明人間 1933

 

監督:ジェームズ・ホエール

主演:クロード・レインズ

グロリア・スチュアート

ウィリアム・ハリガン

ウナ・オコーナー

 

ストーリー

:イギリス・サセックスの片田舎。雪深いある夜更けに、その男はやってきた。

酔客で賑わう宿屋に入ってきた彼は、顔を包帯で隠し、ゴーグルをつけ帽子を目深にかぶり、マフラーで口元を隠しているのだ。

男は、事故で大怪我をしているとウナ・オコーナー演ずる宿屋の女将に語る。

だが、宿賃を滞納し、部屋を科学実験で汚しまくってしまった男に、怒り心頭のウナ女将は出て行けと通告。

激高した男は遂に包帯を取る!

男の体は、透明だったのである!!

男の暴走が始まった!!!

 

感想・バレ無し

H・G・ウェルズの原作を、フランケンシュタインジェームズ・ホエールが映画化した本作。

以前感想を書きましたのは東宝の1954年製作の作品でございます。

で、その20年前、つまり二次大戦前に作られた本作ですが

あまりにも完成度が高すぎる

ぶっちゃけ、2020年に公開された最新作よりも、完成されていると思う。

いや、昔の映画を観ていると、いつも思うんだけども

映画ってとっくの昔に完成されているんだなあ、と

特殊効果云々はそりゃあ現代の方が何千倍も優れていますよ? 

でも、お話の面白さはとっくに出来上がっちゃってて、なんなら余計な物がないからストレートに面白いと思うのよ。(ちなみに本作の特殊効果は、モノクロ映像と相まって、今よりも凄く見えてしまう瞬間があったりする

いやあ、後続の映画監督達は映画好きであればあるほど、心のどっかで絶望しちゃうだろうなあ……。

で、本作は日本だとフランケンシュタイン二作で有名なジェームズ・ホエールが監督!

原作をある程度なぞった前半軽快なハイテンションブラックコメディで、ともかくテンポが良くてスピーディ! 

まあ、ボケとツッコミのテンションが高いのなんの!

ウナ女将がらみのとこは滅茶苦茶笑えんのよ!

ところが中盤から原作を離脱!

え? ここで殺人!? とか、

おい、こいつ完全に狂ってるぞ!!? っていう演説がスムーズに始まったりで、パニックホラーになっていくわけだ!

舞台は田舎を出ないんだけども、警官殺しから始まって、とんでもない大量殺戮とか車による処刑とか、警察vs透明人間の攻防がガッツリ描かれるのね。

 いや、物凄くお薦め!

モノクロ映画に抵抗のない人は、一度は観ておいてほしい作品ですなあ。

 

iroirokannsou.hatenablog.com

iroirokannsou.hatenablog.com

iroirokannsou.hatenablog.com

 

 

以下ネタバレ感想

続きを読む

ザ・スイッチ

メモ:オリンピック、本気でやるの?

 

ザ・スイッチ 2020

監督:クリストファー・B・ランドン

主演:ヴィンス・ヴォーン

キャスリン・ニュートン

セレステ・オコナー

ミシャ・オシェロヴィッチ

 

ストーリー

ヴィンス・ヴォーン演じる連続殺人鬼ブッチャーは今日も今日とていちゃつくカップルを皆殺し! 

その時、囁き声のようなものが聞こえ目を転ずるとガラスケースに入った古代のナイフが!

一方、どう見ても美人だがイケてないとイジメられるニュートンさんは、チアガールが終わった後、偶然一人になってしまいブッチャーに見つかってしまう。

いとも簡単にニュートンさんを押し倒すブッチャー!

彼女の肩に古代のナイフが振り下ろされ――

翌日、俺がお前で、お前が俺になっちゃった!!

 

感想・バレ無し

:コロナの所為で延期に次ぐ延期でようやっと鑑賞!

まあ、あれっすね、フツーに面白いっすね。

先に言っちゃうと、劇場で観る娯楽映画としては、普通にお薦め!!

 監督がHDD、HDD2Uのランドンさんなのね。

iroirokannsou.hatenablog.com

iroirokannsou.hatenablog.com

だからツボは外さず、雑な脚本だけども勢いでがーっとラストまで見せ切っちゃう佳作とでも言いましょうか?

とはいえ、HDD2Uで暴走しすぎたから色々チェック入ったのか、なんだか大人しい感じもするんだわな。

からしスラッシャー映画としてみると全然物足りないんだけど、キャラ萌え映画としては特大の花丸をあげたくなる作品!

 

以下ネタバレ感想

続きを読む