色々感想を書いて置いておく場所

おっさんが色々感想を書く場所

ヘルボーイ

メモ:熱を出したら、一発アウトの状況はホントに怖い。

 

 

ヘルボーイ 2019

監督:ニール・マーシャル

主演:デヴィット・ハーバー

イアン・黒ひげ・マクシェーン

ジョヴォビッチ姉さん

 

ストーリー

:デルトロとロン・パールマンの黄金コンビが資金難で3をあきらめてから幾年月。

ひねくれ赤鬼ヘルボーイは、今日も今日とて超常現象相手に奮戦しておりましたが、そんな中、ジョヴォビッチ姉さん演じる、血の女王ニムエが復活!

ヘルボーイはいつもの如く、人間につくか魔物につくかという二択を迫られたりしますが、まあ、ね?

 

感想・バレ無し

:そうっすねぇ……私の立場としましては、前二作はDVDを所持、原作コミック日本版は友人から借りて何度も読んでおりますので、一応ファンの端くれなんですけども、うーん……前半、いや、大甘に言って中盤まではまあまあ面白い、かな?

だけど、後半の失速が半端なくてですね

あれ、終わり? ってくらいすぽーんって終わるんですよ。

デルトロ版と比べちゃいけないと思うんだけど、なんだかなあ。

ってか本編も『ちょい面白いシーン』が延々と続くような感じで、そこに過剰なまでのゴア描写がぶち込まれていてですね、ヘルボーイのファンは、そういうのは求めてないんじゃないかな、と思ってみたり。(いや、でも熱心なファンはまた別かもしれないんで、推測に留めておきましょうや

まあ、制作中にいろいろ騒動があったようだし、何より監督がニール・マーシャルだからなあ。期待値ゼロで見ただけに思ったよりは、マシだったと感じてみたり。

 

以下ネタバレ感想

続きを読む

クロール 凶暴領域

メモ:映画で今一番重要なのは、もしかしたら、どうやって公開するか? なのかもしれない。

 

 

クロール 凶暴領域 2019

監督:アレクサンドル・アジャ

主演:カヤ・スコデラリオ

バリー・ペッパー

 

ストーリー

:大型ハリケーンが迫るフロリダにて、水泳大会で今一な結果しか出せなかった主人公のカヤさんは、離婚調停中+不仲爆発の父親との連絡が取れてないと姉から連絡を受ける。

姉ちゃんは言うばっかりで、全部あたしに押しつけやがる!

まあ、なんてこというのかしら!

それはそうとして、姉さん愛してるわ。

あたしもよ

というアメリカンな会話の後、父親を捜しに警察の検問を潜って洪水寸前の昔の家に来たカヤさん。

だが、地下室で待っていたのは、負傷した父親

いい感じの大きさのアリゲーターの群れ

果たして二人の運命は!?

賢明にも地下室に降りず、上でウロウロしているワンコのシュガーの運命は!?

 

感想・バレ無し

えーっと、一応監督のファンだけど全作観てるわけではないので、大体雰囲気を伝えると――実はラニって言うよりも、ミラーズの方が近いかな。

動物パニックの部分はよくできてるけど、地味

ドラマ部分は結構きっちり作ってあるけど、地味

ともかく地味

つまらなくはない

でも、面白くはない

というか、誰に見せたい映画なのかが今一判らない

そんな映画。

 

以下ネタバレ感想

続きを読む

1917 命をかけた伝令

メモ:ポン・ジュノが評価されるのは嬉しいのだけど、パラサイトが作品賞を撮るのは……やはりアカデミー賞はタイミングか。あと『殺人の追憶』よりも『パラサイト』の方が面白い、という人がいきなり増えて、頭を捻るばかり。

……君ら、ポン・ジュノ作品をさては観た事ないな?

 

 

1917 命をかけた伝令 2019

監督:サム・メンデス

主演:ジョージ・マッケイ

ディーン・チャールズ・チャップマン

コリン・ファース

マーク・ストロング

シャーロック!

 

ストーリー

:多分、西部戦線のどっか

戦闘の合間にくつろいでいたマッケイ君とディーン君に特命がくだる!

後退を始めたドイツ軍に対して明朝行われるこちらの一斉攻撃は、実はドイツ軍による罠に飛び込んでしまうことが判明!

連絡手段が封じられた今、二人に攻撃中止の伝令をせよ、とのことだった。

ディーン君は自分の兄が、攻撃部隊にいる事を知らされ一も二も無く了承

マッケイ君をパートナーに塹壕から、間違いなくドイツ軍が残留している無人地帯に飛び込んでゆく……

 

というのを疑似ワンカットでやってみました

 

感想・バレ無し

:うーん……面白いんだけどね。

スカイフォールを観た時と同じで

良い脚本に、良い撮影、良い役者の演技を巧みにさばく

教科書みたいな映画

でもね、教科書ってつまんねーんだよな

いや、観て損は無い作品だと思います、はい。

私? 私は――うーん、吹替え目当てでソフト化されたら、レンタルでもう一回観るかな。

でも、絶対に買わないです

 

以下ネタバレ感想

続きを読む

ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密

メモ:レンタルで見てなかった映画ドバっと出て、見たい映画が劇場でドバっと上映されて嬉しい悲鳴。

 

ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密 2019

監督:ライアン・ジョンソン

主演:ダニエル・クレイグ

アナ・デ・アルマス 

ブレラン2049のジョイ!最高ジョイ!

ジェイミー・リー・カーティス

そういやリメイクハロウィンまだ見てねぇや

ドン・ジョンソン

ナッシュ・ブリッジス

クリス・エヴァンス

今回一番楽しそうw

マイケル・シャノン

相変わらず、立ってるだけで怖いw

トニ・コレット

クリストファー・プラマー

ジェイデン・マーテル

リメイクITのビルやってた彼ですよ!

 

 

ストーリー

:ベストセラー作家にして大富豪のクリストファー・プラマー突然の死!

検死結果は自殺! それから一週間、ジョイアナ・デ・アルマス演じる看護師に呼び出しがかかった。警察が事件の聴取をもう一回したいというのだ。

屋敷に行くアナ。

待っていたのは上記太字の濃すぎる一族

そして刑事二人の後ろには007!

 

感想・バレ無し

はいはい、面白いですよ~♪

いや、傑作とか名作とかの類でもないし、吃驚するようなトリックとか推理劇とかそういうんじゃなくてですね、こうスタッフもキャストもみんなニヤニヤしながら大体80点ぐらいの映画を肩の力を抜いて、たのしそ~に撮ってるのが伝わって来るんだよね。

特にダニエル・クレイグね。いや、ダニエル演じる探偵はあんまり突出した特徴が無くて、もうただのダニエル・クレイグにしか見えないんだけど、007の仏頂面から解放された、そう、トゥーム・レイダー一作目あたりの雰囲気と言いますか、うん、とにかく楽しそうなんだよね。

いや、渋いダニエルも好きなんだけどさ。

映画の雰囲気も、アガサ・クリスティの原作でも明るめの話を意識したかのような、のんびりほんわか殺人劇という感じ

いや、ドロドロした人間関係を出そうと努力してるのは判るんだけど、やっぱ皆さんのニヤニヤが見えちゃって、こっちもニヤニヤしちゃうんだよ。

ブラナー版ポアロと同じですな。

みんなニヤニヤ!

つーわけで時間と金があったら見ても損はしないと思うですよ!

あとは、ミステリー物、特に一族物のお約束は大体網羅してるんで、そういうのが好きな人も、ちょいと見てみても良いのではなかろうか?

 

以下ネタバレ感想

続きを読む

ザ・リチュアル  いけにえの儀式

メモ:うちのps4は無線でつなぐと、やたらと回線が切れる。ルーターが目の前にあるのに……。

 

 

ザ・リチュアル  いけにえの儀式 2017

監督:デヴィッド・ブルックナー

主演:レイフ・スポール

 

 

ストーリー

:大学を卒業して幾年月、ルーク達仲良し五人組は自分達の友人関係がそろそろ限界なんじゃないかと感じていた。とりあえず、それは置いておいて毎年恒例の旅行の計画をパブで話し合う五人。

五人組の一人ロブは、スウェーデン大自然を歩き回らんか、と提案するも

ダルいとあえなく却下。

だが、そのパブの帰りにルークは飲み足りないと、ロブを伴ってコンビニに入店。

そこはコンビニ強盗の真っ最中だった。

咄嗟に隠れたルーク

強盗はロブから結婚指輪を取り上げようとする。それは勘弁してくれとロブ。

その抵抗に興奮した強盗の一人は、ロブを撲殺してしまう

しばらく後、ロブの言っていたスウェーデンにハイキングに来た四人。

だが、一人が足をくじき、近道をするために森を通り抜けようとした為に――

 

 

感想:バレ無し

ああ、好きです。

面白いです。

特筆すべき点は無いのだけれども、抑える所はきっちり抑え、高望みはしないスゲー渋い所に打ちこんでくるような映画。

特にお薦めはしないけれども、もう一回ぐらいは見ても良いかも。

 

以下ネタバレ感想

続きを読む

ハッピー・デス・デイ 2U

メモ:何故人は寝る前に、無駄に元気になってしまうのか。特に仕事の前日に……。

 

 

ハッピー・デス・デイ 2U 2019

監督:クリストファー・B・ランドン

主演:ジェシカ・ローテ

 

以下、ストーリーでもややバレを含むので

前作を見て、まだ本作は観てないよって方は、とにかくショップに急げ!

お奨め!!

 

ストーリー

:前作、真犯人を倒しカーター君とゴールインしたツリー。

だが、カーター君の親友である

「よう! ビッチと寝たか!」ことライアン君がループに突入。

即座に異常に反応したツリーは、ループの原因に遂に出会う。

なんと、ライアン君が作った量子反応炉でした

この装置、シシーことシーシュポス*1時間をゆっくりさせるらしい。

ところが動かしてみたら、イムループ発生装置でした!

お前の所為かーっ!

激怒するツリーだが、そこに前作で倒したはずのマスクの殺人鬼が出現!

秒で倒すも、なんと中身はライアン君

「俺は並行世界から来た! あいつがループ装置を動かす前に殺すんだ! とんでもないことになるぞ!」

大混乱の中、装置が起動

 

ツリーはカーター君のベッドで目が覚めた。

携帯の日付は9/18自分の誕生日である。

カーター君「あー、いや、君、昨日の夜ベロンベロンだったから部屋に運んだんだ。あ、ほら、君の服は畳んどいたよ」

そんなカーター君は、なんと別の女とつきあっていた

驚くツリー。

即座に行動に移るツリー。

カーター君とライアン軍団は結論を述べる。

「君、多分並行世界に来ちゃったんだよ」

 

感想:バレ無し

愛すべき無駄話

作中でも言われてますが、今作は

バック・トゥ・ザ・フューチャー2です。

つまり、前作が好きな人がニヤニヤしながら見て

面白かったけど、まあ、作らなくても良かったかな? いや、俺は好きだけどね

という、こう、びみょ~な感想が出る作品です。

単品としては全然ダメ

でも、続編、いやさ「おまけ」としては凄く秀逸。

もう完全にホラーは捨てて

笑いに全ブリしてます……中盤までは

 

まさか、ハピデスで泣くとはねw

だから、私はこの映画好きだわ~www

 

以下色々とネタバレ感想

*1:多分、シーシュポスの岩からきてると思う。あれですよ、岩を山の上まで持ち上げろって言われるけど、岩が下に転がっちゃうんで、永遠に岩を押し上げるってやつ

続きを読む

ハッピー・デス・デイ

メモ:庭のメダカを越冬させるために、睡蓮鉢等をプチプチで包んだが、そうやって防寒を完璧にすると暖かくなったりするんだよなあ。

 

 

ハッピー・デス・デイ 2017

監督:クリストファー・B・ランドン

主演:ジェシカ・ローテ

 

 

 

 

ストーリー

:ツリーは見知らぬ男のベッドで目が覚めた。

携帯の日付は9/18自分の誕生日である。

見知らぬ男「あー、いや、君、昨日の夜ベロンベロンだったから部屋に運んだんだ。あ、ほら、君の服は畳んどいたよ」

その時、扉を開けて見知らぬ男の友人が入ってくる。

「よう! ビッチと寝たか!」

イラつきながら寮に戻るツリー。

めんどくさい知人。父親からの電話。

そしてお節介なルームメイトが誕生日のカップケーキを用意してくれた。

「あ、ごめーん。あたし炭水化物は食べないの~」

ツリーは変顔で蝋燭を吹き消すと、ケーキをルームメイトの目の前でゴミ箱に投げ捨てる!

そして、その夜、ツリーは謎の殺人鬼に殺されてしまう。 

****************************

ツリーは見知らぬ男のベッドで目が覚めた。

携帯の日付は9/18自分の誕生日である。

見知らぬ男「あー、いや、君、昨日の夜ベロンベロンだったから部屋に運んだんだ。あ、ほら、君の服は……」

 

感想:バレ無し

いやはや面白い

王道ループ物で、傑作とまではいかないけども

実は非常に丁寧に作ってあって、安定して面白いです。

ループ物お約束の、主人公の更生成長恋愛が巧い事スラッシャー映画と噛みあってるのが良いんだわ。

で、以前感想を書いた「新・13日の金曜日」で失敗しているジャンルミックス

全部成功しているのが素晴らしい!

iroirokannsou.hatenablog.com

作中でも引用されてるけど、「恋はデジャブ」ファンの人は必見だなあ。

 

以下犯人のネタバレあり

続きを読む